デジタルなまずは気象庁の緊急地震速報受信機です。デジタルなまずドットコムでご購入できます。

緊急地震速報システム デジタルなまず

デジタルなまず エレベーター


地震時におけるエレベーターの問題点


突然の地震によりエレベーター内に乗客が閉じ込められるケースが多く発生しています。また、地震時にエレベーターを使用していると機器に悪影響を及ぼしたり、地震による停電・火災などで思わぬトラブルが発生しています。

2005年に発生したマグニチュード6.0、千葉県北西部を震源とした地震では、保守管理大手5社のエレベーターが、この地震により約64,000台が停止しました。
停止したエレベーターのうち、78台が「閉じ込め事故」となり、44台のエレベーターが故障・損傷を受けました。
それらのエレベーターのほとんどが「P波センサー」装備の地震時管制運転システムのエレベーターでした。より安全であるはずの、現在の地震時管制運転システムを装備するエレベーターでも多くの課題を残す結果となりました。

そこで、現在の「P波センサー」と「緊急地震速報」を併用することにより、よりエレベーターの安全性が向上するとして、急速に「デジタルなまず」の導入が進んでいます。

エレベーター数 約70万基
1日の利用者数 のべ約6億人

(社)日本エレベータ協会の緊急地震情報応用検討委員会においても、「緊急地震速報」の併用で、よりエレベーターの安全性、信頼性の向上が図られると提言しています。

地震時管制運転のシステムの概要

現在、多くのエレベーターには、「P波センサー」及び「S波センサー」が設置されています。
まず、「P波センサー」が地震の揺れを事前に検出して、エレベーターを最寄りの階へ緊急停止させてドアを開き安全確保を行います。
その後、「S波センサー」が本震を感知し、揺れが小さい場合は自動的に運転を再開し、揺れが大きい場合には、一定時間がたつとドアを閉め運転を休止します。

既存の「P波センサー」及び「S波センサー」と併用して「緊急地震速報」からの受信データを活用することにより、利便性・信頼性・安全性が向上すると期待されています。
また、最近大変な問題になっている長周期地震動によるエレベータ事故などの対策にも、期待されています。

「緊急地震速報」を利用のメリット

  1. エレベータに設置してある「P波センサー」よりも、早く地震の揺れが来ることを知ることが出来るので、より安全・早期に運転停止をすることが出来ます。(震源地がエレベータ設置場所より80kmを超える時)
    特に、途中の階を通過する高層建物用エレベーターでは効果を発揮します。
  2. 震源までの距離がある場合には、既存の「P波センサー」よりも精度の高い情報を得ることが出来ます。
  3. 地震が来るまでの猶予時間がある場合などは、エレベータ機器の損傷を軽減するために、安全階、避難階などの指定階へエレベータを事前に走行するなど、きめ細かな対応が出 来ます。(デジタルなまずProを利用)
  4. 長周期地震センサーのトリガー信号として用いることで、より高い精度向上が期待出来ます。
  5. 地震が来る前に「地震情報」をアナウンスすることにより、不安などを解消することが出来ます。 とくに、地震の震度が事前に分かるので、その震度に応じた対応を取ることが出来ます。
  6. エレベータの管理センターやビル内警備室などへ、いち早く地震の到来を知らせることが出来る。 (社)日本エレベータ協会の緊急地震情報応用検討委員会においても、「緊急地震速報」の併用をする ことで、よりエレベーターの安全性、信頼性の向上が図られると提言されております。

「緊急地震速報」を活用すれば、エレベータへの制御だけでなく、「地震が来るのを事前に知る」ことが出来るので、ビル内などの各種設備・機器の制御、従業員、お客様など建物内にいる方々の安全を確保することが出来ます。