デジタルなまずは気象庁の緊急地震速報受信機です。デジタルなまずドットコムでご購入できます。

緊急地震速報システム デジタルなまず

デジタルなまずの導入事例

緊急地震速報の受信機は様々な場面で活躍しています! 以下の様に導入することで様々な地震被害を防ぐ事ができます。緊急地震速報の受信システムをいち早く導入し、地震防災に備えましょう!


工場、倉庫、その他施設

従業員の安全確保や設備の破損被害を防止

  1. 突然の大きな揺れが来る前に、製造ラインを自動制御をすることで、大切な設備の破損被害を最小限にすることが出来ます。
  2. 揺れが来る前に、ガラス窓、倒壊しそうな危険な場所、棚・荷物の落下しそうな場所から離れたりすることが出来ます。
  3. 揺れが来る前に、高所での作業など危険な作業を中止し従業員の安全を確保します。
  4. デジタルなまずを導入することで事業者が地震防災において雇用者や取引先から高い評価を得られます。

オフィス

従業員の安全確保やパソコンなど機器の破損被害防止やデータ消失防止

  1. 突然の大きな揺れが来る前に、自動制御によりエレベーターを安全に停止します。
  2. 揺れが来る前に、窓際、落下物がありそうな場所、棚などの倒壊の危険がある場所から離れたりすることが出来ます。
  3. 電話回線がマヒする前に、緊急電話回線を確保し支店連絡体制を確立することが出来ます。
  4. デジタルなまずを導入することで事業者が地震防災において雇用者や取引先から高い評価を得られます。

幼稚園、各種学校、塾、病院、ケア施設

職員がいる場所に設置して、避難誘導に役立てることができます

  1. 事務室、職員室、診療室など、関係職員がいる場所へデジタルなまずを設置し避難誘導をする事ができます。
  2. デジタルなまずのテスト配信機能を使い、緊急地震速報が発表されたときの防災訓練が行えます。
  3. デジタルなまずを導入することでその施設が地震防災において利用者から高い評価を得られます。

手術室や治療室

病院や各種治療を行う施設へ設置することで未然に事故防ぎます。

  1. 手術室に導入すれば、事前に地震の揺れを知らせてくれるので揺れによる手術事故を防ぐことが出来ます。
  2. デジタルなまずを導入することでその病院や施設が、地震防災において患者から高い評価を得られます。

ホテル、デパート、遊戯場、その他各種施設

警備室や管制室に設置して、避難誘導に役立てることができます

  1. 警備室や管制室にがいるデジタルなまずを設置し避難誘導にいち早く対応する事ができます。
  2. デジタルなまずを導入することでその施設が、地震防災において使用者から高い評価を得られます。